THibault Luycx 

Vice-Président

Communication et Organisation

 

 

Email : thibault@retiro-kyriri.com          

チーム

このプロジェクトは、2013年にフランク·フルアールによって立ち上げられ、のちにティボーが加わりました。 彼らはペルーで出会い、それ以来長年にわたり友情を育んできました。

フランクはフランスに生まれ、ブラジルに移住する前に16年間日本に住んでいました。ティボーはベルギー人で、ペルーのアマゾンでシピーボ·インディアンと5年間過ごした経験を持ちます。

FRANCK FROUARD

Président

 

Email : thibault@retiro-kyriri.com          

フランク·フルアール

レティロ·キリリの設立者兼オーナー

フランクは、1992年から禅を実践し、2011年に悟りを得ました。彼はフランスに生まれ、日本滞在中に、ミウラ師匠のもとで14年間禅を学びました。ミウラ師匠はフランクに、禅道場を作り、禅を人々に教えるよう勧めました。

 

フランスで教師として働いたのち、フランクは日本に移住し、東京で独立したフランス語教師となりました。その間も彼は、飽くことのない自己探求への欲求により、ヨーロッパ、ブラジル、インド、ペルー、日本のいくつかのイニシエーション·プログラムに参加しました。

 

2008年、フランクの内面の旅は、彼をペルーに連れて行きました。神聖な植物を用いた治療は、彼のこれまでの幻想を打ち砕き、すでに20年間実践してきた禅の道に通じる、内的な静寂をもたらしました。

 

2011年の福島事故後、フランクはブラジルで土地を探し始め、2013年、現在レティロ·キリリとなった土地を購入しました。

 

ブラジルに移住して以来、フランクは、ヒーラーそして磁気を操る者としての資質を伸ばし、地域の貧しい人々、麻薬中毒者、そして必要とする人々を、無償で助けてきました。

 

フランクの教えは日本刀のように鋭いですが、彼は禅道のようにドライなだけでなく、キリストのエネルギーのような暖かい心を持っています。鋭い認識と人間の心のメカニズムに関する深い知識を持つフランクは、内的な静寂を育みたい人々にとって、熟練した指導者です。

 

レティロ·キリリでは、フランクは禅の指導とプロジェクトを担当しています。

ティボー·リュイックス

 

ティボーは、2012年から2013年にかけて、ペルーのインディアン·シ

ピーボ族を訪問している最中に、フランクと出会いました。

この出会いは、彼の個人的な成長に決定的な影響をもたらしました。ティボーは、ブリュッセル大学で6年間学んだのちにベルギーを去り、内的な旅を始めたところでした。

ティボーは、シピーボ族のいくつかの行事を共にした後、シピーボ族の長期間にわたるイニシエーションを受け、クランデイロになることを決めました。

ティボーは、ジャングルで受けた教えを広め、実践するためにヨーロッパに戻った期間を除き、アマゾンの森の中で5年間、完全に孤立して過ごしました。

ティボーは2013年に、フランクから禅の曹洞宗の教えを受け、それ以来日常的に実践しています。彼は、これまでジャングルでも行なっていた植物の食事療法に、集中的な瞑想を組み合わせています。ティボーは、フランクと同様に、禅とアマゾンのマスター·プラントの教えを組み合わせることの多くの利点を発見しました。

2017年、ペルーのシピーボ族のマスターからのメッセージを受けて、ティボーの道のりは、再びフランクのそれと重なりました。彼は、レティロ·キリリの創設と管理をサポートしてほしいというフランクの提案を、喜んで受け入れました。ここでは、静かで孤立したワイルドな場所で、意識を高めることに専念できるオアシスを作りだし、自然と癒しを保護しながら、シンプルで健康的な生活を送るという彼の夢が叶うことがわかったからです。

レティロ·キリリでは、ティボーは訪問者の管理とコミュニケーションを担当しています。