森林再生

レティロ·キリリの創設者は、土地を購入したとき、少なくとも1万本の木を植えると誓いました。

したがって、土地を保護し、自然の持続可能性に貢献することが、このプロジェクトの主な目的です。そして、シントロピー農業によって、原生林を出現させることを目的としています。

まず初めに、土地を尊重する方法で、荒廃した土地の再生が可能なことを実証するために、化学製品に頼らず、果樹(レモン、マンダリン、オレンジ、アボカド、イチジク、パパイヤ、パッションフルーツ、バナナなど)と地元種が植えられました。

あなたの支援が必要です! 

これは広大な取り組みであり、資金を調達するための寄付が必要です。 1本の木を飢える平均コストは、植物の購入、輸送、土壌の準備、灌漑システム、天然肥料などを含み5ユーロです。ぜひ、私たちのプロジェクトに力を貸してください。少しでも大きな助けになります!

1万本の木を植える

2017年5月から、ここには2,000本以上の木が植えられています。2年後に1万本の植林を達成するためには、地元労働者の助けを借りて土地を準備しながら、なるべく早いペースで植林を続ける必要があります。

長期的には...

森林は、長期的には原生林のための場所を作ります。伐採された地域の一部を再生するために、今後2年間で1万本の木が植えられる予定です。人々が、自然のシステムへ回帰することによって、土地の動植物が集まり、成長し、土壌の肥沃度と保水能力が再生されるでしょう。

レティロ·キリリの目標は、自然に則った複雑な生態系を、健全で持続可能な方法で管理できることを証明することです。このような可視化は教育的側面も持ち、化学的·破壊的な単一文化が、人々のニーズに対する唯一の答えではないことを示します。その時、この場所は、平和、エコロジーな成功、そして人類の冒険を体現するという使命を果たすでしょう。

電気/磁気を用いた農業

シントロピー農業と並行して、私たちは電気や磁気を用いた農業も実践しています。これらのテクニックについて詳しく知りたい方は、 こちらをご覧ください。

シントロピー農業

過酷な農業が行われ、傷ついたこの地域に、木を植えることは不可欠です。コーヒー豆などの栽培や農業のために、広大な森林が伐採されると、水を保持し、様々な動物相や植物相の住みかとなる根系システムが破壊され、湧水や河川が干上がります。ここでは、さらに、伐採と焼畑農業の習慣が、多くの制御不能な火災を引き起こし、土地が荒廃してしまいました。

したがって、バイーアの地域は水不足に直面しています。 シントロピー農業の目的は、人間と自然の共存が可能であることを証明しながら、徐々に森林を再生し、元の生態系を復活させることです。

詳しくはこちら シントロピー農業の詳細については、創始者のウェブサイトをご覧ください Ersnt Götsch.